↓過去記事↓とぶよ♪
☆ミントの奨め☆


暑くなるとハッカ油が活躍しだすよね


お風呂に2、3滴入れて冷んやり
暑さ対策としてスプレー
蚊の忌避効果としてスプレー、その他諸々。

その万能っぷりったら。


.゚+.*☆。.+`.*☆。゚+.*`.゚+.*☆。.+`.*☆。゚+.*`.゚


シロは市販の虫よけスプレーで蕁麻疹が出る。

最後に使ったのは小学校低学年の時。


蚊に刺された跡の大きいver.がマダラな形で手足にたくさん出るよ。

気持ち悪いし痒いし。

思いきって蕁麻疹を母に打ち明けたら
(家で自分の事言うの苦手)


「もしかして虫よけスプレー?
母は虫よけスプレーで蕁麻疹が出るよ。」



( ゚д゚) へ? あぁ、これは遺伝だなwと確信。

やめてからもかなり長引いたけど翌年から蕁麻疹が出ることはなくなりました。


余談ですが未成年の事件で「親は異変に気付かなかったのか!」「ひどいアザや傷を見ても外出を止めないのか!」「防げた事件だった」って言われる流れ。
子と親の気持ち想像すると個人的には可哀想だからやめてあげてと思う。その家の事情とか距離感のルールとかあるじゃん。死人に口無し。



冷静に考えて虫が避ける化学成分を
肌に直接付けるってヤバくない?


原因成分は不明だから今は大丈夫なのがあるかもしれない。
でも恐くて試せないよ。



.゚+.*☆。.+`.*☆。゚+.*`.゚+.*☆。.+`.*☆。゚+.*`.゚


ハッカ油スプレーなら
ちょっとだけ外に出る時に肌にスプレーして
着の身着のまま気軽に出れる。

おまけに涼しい!
霧吹きに入れて網戸にもシュシュッ


ハッカ油スプレーの作り方は後にして~



猫にアロマオイルが厳禁な話。

アロマオイルとはハーブの精油。
お家に猫がいると気軽に使いたくないよね。


猫とアロマオイルの問題は
ハッキリと因果関係を実験した訳じゃないし
国(厚生省?)から規制がある訳じゃない。


だけどアロマで猫が…な報告多数。
猫はアロマオイルを代謝出来ず体に蓄積。


何のアロマをどの位どう使うと害があるかは曖昧でまだわからない。

今のとこフトモモ科のハーブは良くないって言われてるよ。ユーカリとかティーツリー。
じゃあ他のハーブは安全!って訳じゃないよ。

わからないから規制してないだけ。

「犬猫兼用オーガニックなアロマシャンプー?
恐ろしなぁ。」

image




曖昧だから飼い主の判断に委ねられるんだな。

猫の害になる物は全力で避けたいので
シロはハッカ油使いません。


ちなみにハッカはシソ科ミント属。
フトモモ科じゃないけど曖昧なものは避けるに限る。

ハーブが悪い訳じゃなくて精油がダメなのだ。



だからミントを育てるよ。
生のハッカから精油を抽出するには無水エタノールに…話脱線するので置いといて~



生ミントを煮出した物は
ハッカ油スプレーの代わりになるよってお話。


あー長かった。
前置きが長くなりました。




ミントティーも虫よけスプレーも作り方は同じ。

虫よけの方が濃度が濃いよ。
あと忌避効果にはペパーミントが良いよ。




ミントティーの作り方

①ミントとカップを用意。
蓋付き茶漉し付きなら便利。
image



②好みの量をよく洗う。
これは一般より濃い目。
image


③手で細かくちぎる。
image


④熱湯を入れ蓋をして10分位蒸らす。
蓋は何でもいい。揺らさない方が風味が良い。
image


⑤葉を取り除く。
カップに直接入れた場合は何かで漉す、取る。
image



できた!ミントティー
image

↑このもっと濃い状態を虫よけに使うよ。


玄関、網戸に吹きかける。
露出した肌にスプレーかタオルで拭く。
服に色がつくかは知らん。
香り20分程度で消えるから小まめに。
保存は冷蔵庫で早めに。
飲むなら3日以内。


お好みで砂糖を入れて~
氷入れて~

完成です♪
image

おいしい(о´∀`о)
サバ子発見

image

最近の定位置。窓辺で涼んでるよ~☆



【ミントティーの効能】
鎮痛、鎮静、ガン抑制、育毛の促進、食欲増進効果、消化器系の不調を癒やし、便秘や下痢を緩和


※妊婦さんは控えた方がよい!

中枢神経に効く人には効くから。
シロは鎮痛、鎮静、食欲に超効く。
つまり中枢神経に効いている。



最後に
ハッカ油スプレーの作り方

①精製水100cc
②無水エタノ-ル10cc
③ハッカ油10敵

混ぜる!以上。

油と水を混ぜるために無水エタノールを使うよ。
保存は冷蔵庫で一週間位。

霧吹きに入れると便利。


ハッカ油は薬局にあるよ。
こんなん。
image

20mlが¥400~500-だ。一夏もつぞ。